エーリッヒ・フロム
フロム,エーリッヒ

1900−1980年。精神分析家、社会心理学者。ドイツ・フランクフルトのユダヤ人家庭に生まれる。社会学、心理学を学んだのち精神分析の訓練を受け、1930年からフランクフルト社会研究所に加わるが、ナチスの台頭によりアメリカに亡命。以後、コロンビア大学やメキシコ国立大学などで教鞭をとる。新フロイト派を代表する論者と目される。著書に、『自由からの逃走』『愛するということ』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

悪について

エーリッヒ・フロム 著  渡会 圭子 翻訳 

私たちはなぜ生を軽んじ、自由を放棄し、進んで悪に身をゆだねてしまうのか。人間の本性を克明に描き出した不朽の名著、待望の新訳。解説 出口剛司

ちくま学芸文庫  文庫判   240頁   刊行日 2018/01/10  ISBN 978-4-480-09841-2
JANコード 9784480098412

定価:本体1,000 円+税

在庫  問合せ

  • 1