R・オースティン・フリーマン
Rオースティンフリーマン

イギリスのミステリ作家。1862年ロンドン生まれ。医師から作家に転身、1907年、法医学者ソーンダイク博士を探偵役とした『赤い拇指紋』を発表。科学捜査を駆使するソーンダイク博士は短篇(★正字)でも活躍し、シャーロック・ホームズと人気を競った。英国探偵小説界の巨匠のひとり。代表長篇(★正字)に『オシリスの眼』『キャッツ・アイ』など。短篇(★正字)集『歌う白骨』は倒叙推理の嚆矢としても有名。1943年没。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

キャッツ・アイ

R・オースティン・フリーマン 著  渕上 痩平 翻訳 

宝石収集家の死、暗号と失われた権利書、隠し部屋探し。複雑に絡み合う謎を解き明かすソーンダイク博士の活躍。英国黄金時代ミステリの名作。

ちくま文庫  文庫判   432頁   刊行日 2019/01/09  ISBN 978-4-480-43560-6
JANコード 9784480435606

定価:本体950 円+税

在庫  問合せ

  • 1