境界の現象学 ─始原の海から流体の存在論へ

河野 哲也

強く、
間断なく、
突き抜ける。

境界とは何を隔て、われわれに何を強いるのか。皮膚・家・国家──幾層もの境界を徹底的に問い直し、3・11後の世界の新しいつながり方を提示する、哲学の挑戦。

境界の現象学 ─始原の海から流体の存在論へ
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/07/14
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-01602-7
  • JANコード:9784480016027
河野 哲也
河野 哲也

コウノ テツヤ

一九六三年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。玉川大学文学部准教授などを経て、立教大学文学部教育学科教授。専門は、哲学・倫理学。哲学を用いて、環境・倫理・身体に関して思考を拡げる。著書に『善悪は実在するか──アフォーダンスの倫理学』『意識は実在しない──心・知覚・自由』(以上、講談社選書メチエ)『「心」はからだの外にある──「エコロジカルな私」の哲学』(NHKブックス)『道徳を問いなおす──リベラリズムと教育のゆくえ』(ちくま新書)他。

この本の内容

皮膚は自己と環境との境界である。家は公と私を隔て、国境は国を隔てる。これら境界は本当は一体何を隔て、われわれに何を強いているのか。境界を越えるという経験はいかなる意味をもちうるのか。境界を越えて、われわれはいかに他者と出会い、世界とつながることができるのか―。幾層もの境界を徹底的に問い直し、内/外を無効化する流動的でダイナミックな存在のあり方を提示する。身体・自己・世界の関係を考察してきた著者が、流体の存在論なる新境地に挑む。

この本の目次

始原の海のディオゲネス
第1部 変身(ファッションと産まれることの現象学
見つめられることの現象学
痛むこと、癒されること
食べられること、食べること)
第2部 海と空気(流体のオントロジー
都市とウィルダネス、天井も壁もない家
家のないこと
コスモポリタニズム
海洋惑星とレジリエンス)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可