ローランの歌/狐物語 中世文学集 2

中世フランス文学の中で、もっとも代表的な叙事詩と「イソップ物語」に連なる寓話詩。原典からの決定訳。語注を付す。

ローランの歌/狐物語 中世文学集 2
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体922円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:ち-1-2
  • 刊行日: 1986/10/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02076-4
  • JANコード:9784480020765

この本の内容

ヨーロッパ中世最大の悲劇的叙事詩として知られる「ローランの歌」は、フランス最古の叙事詩であり、その比類のない美しさによって長い間語りつがれてきた歌である。最も信頼できる原典からの翻訳で贈る決定版。ルナールという狐が活躍する「狐物語」は12世紀後半頃、北フランスで作られた寓話詩である。主人公ルナール狐のほか、狼、獅子、雄鶏、鴉、猫、熊など、数々の動物たちが活躍し、人間世界を風刺する愉快な話。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可