成熟日本への進路 ─「成長論」から「分配論」へ

波頭 亮

成熟日本が描くべき
国家ヴィジョンとその戦略

日本は成長期を終え成熟フェーズに入った。旧来の成長モデルの政策も制度もはや無効であり改革は急務である。国民が真に幸せだと思える国家ビジョンを緊急提言。

成熟日本への進路 ─「成長論」から「分配論」へ
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0231
  • 整理番号:847
  • 刊行日: 2010/06/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-06556-8
  • JANコード:9784480065568
波頭 亮
波頭 亮

ハトウ リョウ

1957年愛媛県生まれ東京大学経済学部卒業.マッキンゼーを経て、88年株式会社エクシードを設立し独立。戦略系コンサルティングの第一人者として活躍する一方で、明快で斬新なヴィジョンを提議するソシオエコノミストとしても注目される。著書に『プロフェッショナル原論』(ちくま新書)、『知識人の裏切り』(西部邁との対談、ちくま文庫)、『戦略策定概論』『組織設計概論』『思考・論理・分析』『リーダーシップ構造論』(以上、産能大学出版部)、『就活の法則』(講談社)、『若者のリアル』(日本実業出版社)、『日本人の精神と資本主義の倫理(茂木健一郎との対談、幻冬舎新書)ほか多数。

この本の内容

日本はこれからどの方向に進んでいくのか。政治は迷走し、国民は困惑している。既に成熟フェーズに入った日本は必然的に国家ヴィジョンを差し替えなければならない。そして、経済政策や政治の仕組みを再構築しなければ、社会は一層暗く沈滞していくだけである。国民が「自分は幸せだ」と思える社会の姿と、そうした社会を目指す政策、およびその政策を実行するための戦略と新しい社会のしくみを明快に示す。

この本の目次

1 二一世紀日本の国家ヴィジョン(国家ヴィジョンの不在
日本が成熟フェーズに入ったことの意味
新しい国家ヴィジョン―国民の誰もが医・食・住を保障される国づくり)
2 経済政策の転換(成長戦略は要らない
成長論から分配論へ
産業構造をシフトする二つのテーマ
この国のかたち:社会保障と市場メカニズムの両立)
3 しくみの改革(行政主導政治のしくみ
官僚機構を構築している四つのファクター
官僚機構の改革戦略
国民が変わらなければならないこと)

読者の感想

2010.7.03 北沢 栄

巨視的に日本国のあるべきヴィジョンをとらえながら、
しくみの改革で官僚制に仔細な分析を加えて、読者に大きな問いを投げかけた力作とみました。とりわけ複雑な特別会計を取り上げた点に研究者として勇気づけられ、感銘を受けました。この続編に期待が高まります。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可