昭和史講義【軍人篇】

筒井 清忠

戦争の責任は誰にあるのか。東条英機、石原莞爾、山本五十六ら、戦争を指導した帝国陸海軍の軍人たちの実像を最新研究をもとに描きなおし、その功罪を検証する。

昭和史講義【軍人篇】
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0221
  • 整理番号:1341
  • 刊行日: 2018/07/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-07163-7
  • JANコード:9784480071637
筒井 清忠
筒井 清忠

ツツイ キヨタダ

1948年生まれ。帝京大学文学部日本文化学科教授・文学部長。東京財団上席研究員。専門は日本近現代史、歴史社会学。著書『昭和戦前期の政党政治』(ちくま新書)、『二・二六事件とその時代』(ちくま学芸文庫)、『近衛文麿』『日本型「教養」の運命』(以上、岩波現代文庫)、『西條八十』(中公文庫)など。

この本の内容

昭和の日本は、どこで道を誤ったのだろうか。戦争の責任はいったい誰に、どのような形で存在していたのか。重要な局面で鍵を握っていた昭和の軍人十四名―東条英機、梅津美治郎、阿南惟幾、鈴木貞一、武藤章、石原莞爾、牟田口廉也、今村均、山本五十六、米内光政、永野修身、高木惣吉、石川信吾、堀悌吉―彼らは何をし、また何をしなかったのか。その行動や、経歴、リーダーシップのあり方などを最新研究成果に基づき再検証し、真実の歴史に光を当てる。好評の昭和史講義第四弾。

この本の目次

昭和陸軍の派閥抗争―まえがきに代えて
東条英機―昭和の悲劇の体現者
梅津美治郎―「後始末」に尽力した陸軍大将
阿南惟幾―「徳義即戦力」を貫いた武将
鈴木貞一―背広を着た軍人
武藤章―「政治的軍人」の実像
石原莞爾―悲劇の鬼才か、鬼才による悲劇か
牟田口廉也―信念と狂信の間
今村均―「ラバウルの名将」から見る日本陸軍の悲劇
山本五十六―その避戦構想と挫折
米内光政―終末点のない戦争指導
永野修身―海軍「主流派」の選択
高木惣吉―昭和期海軍の語り部
石川信吾―「日本海軍最強硬論者」の実像
堀悌吉―海軍軍縮派の悲劇

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可