昭和史講義【戦前文化人篇】

筒井 清忠 編集

柳田、大拙、和辻ら近代日本の代表的知性から谷崎、乱歩、保田與重郎ら文人まで、文化人たちは昭和戦前期をいかに生きたか。最新の知見でその人物像を描き出す。

昭和史講義【戦前文化人篇】
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0221
  • 整理番号:1421
  • 刊行日: 2019/07/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-07240-5
  • JANコード:9784480072405
筒井 清忠
筒井 清忠

ツツイ キヨタダ

1948年生まれ。帝京大学文学部日本文化学科教授・文学部長。東京財団上席研究員。専門は日本近現代史、歴史社会学。著書『昭和戦前期の政党政治』(ちくま新書)、『二・二六事件とその時代』(ちくま学芸文庫)、『近衛文麿』『日本型「教養」の運命』(以上、岩波現代文庫)、『西條八十』(中公文庫)など。

この本の内容

近代日本を代表する知識人や文人、大衆作家、画家、建築家、漫画家ら文化人たちは昭和戦前期をいかに生き抜いたか。石橋湛山、和辻哲郎、鈴木大拙、柳田国男、谷崎潤一郎、保田與重郎、江戸川乱歩、中里介山、長谷川伸、吉屋信子、林芙美子、藤田嗣治、田河水泡、伊東忠太、山田耕筰、西條八十の一六人を採り上げ、最新の知見からその人物像を正確に描き出す。また彼らが戦争とどう関わり、あるいは背を向けたかを見ることで激動の時代を検証する。好評・昭和史講義シリーズの第五弾。

この本の目次

石橋湛山―言論人から政治家へ
和辻哲郎―人間と「行為」の哲学
鈴木大拙―禅を世界に広めた国際人
柳田国男―失われた共産制を求めて
谷崎潤一郎―「今の政に従う者は殆うし」
保田與重郎―「偉大な敗北」に殉じた文人
江戸川乱歩―『探偵小説四十年』という迷宮
中里介山―「戦争協力」の空気に飲まれなかった文学者
長谷川伸―地中の「紙碑」
吉屋信子―女たちのための物語
林芙美子―大衆の時代の人気作家
藤田嗣治―早すぎた「越境」者の光と影
田河水泡―「笑い」を追求した漫画家
伊東忠太―エンタシスという幻想
山田耕筰―交響曲作家から歌劇作家へ
西條八十―大衆の抒情のために生きた知識人

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可