フロイト精神分析の基幹、性欲、エディプス・コンプレックスについての理論の展開をたどる。『性理論三篇』「ナルシシズム入門」などを収録。

エロス論集
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0111
  • 整理番号:フ-4-2
  • 刊行日: 1997/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-08345-6
  • JANコード:9784480083456

この本の内容

人間の記憶、判断、思考という基本的な機能は、他者との関係において初めて形成される。母親とは、子供の生物学的欲求を満たしつつ、“エロス”的な関係を結び合う最初の他者なのである。しかし、いつまでも母親との双数的関係にとどまっているわけにはいかない。父親という第三者の介入によるエディプス・コンプレックスや去勢コンプレックスを克服しながら、自我のうちに「法」の審級を確立し、「社会」で生きることを学ばなければならない。幼児の性欲を指摘して一石を投じた『性理論三篇』から始めて、「ナルシシズム入門」「エディプス・コンプレックスの崩壊」など13篇を編集・新訳、エロスの理論の展開をたどる。

この本の目次

エロスの理論(性理論三篇
幼児の性器体制(性理論への補遺)
リビドー理論)
エロスの病(神経症者の家族小説
ナルシシズム入門
メドゥーサの首―草稿
フェティシズム)
エロスと性差(エディプス・コンプレックスの崩壊
解剖学的な性差の心的な帰結
女性の性愛について)
エロスと性格(性格と肛門愛
欲動転換、特に肛門愛の欲動転換について
リビドー的類型について)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可