アラブが見た十字軍

アミン・マアルーフ 著 , 牟田口 義郎 翻訳 , 新川 雅子 翻訳

十字軍とはアラブにとって何だったのか? 豊富な史料を渉猟し、激動の12・13世紀をあざやかに、しかも手際よくまとめた反十字軍史。

アラブが見た十字軍
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0122
  • 整理番号:マ-18-1
  • 刊行日: 2001/02/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:496
  • ISBN:4-480-08615-3
  • JANコード:9784480086150

この本の内容

11世紀から13世紀まで、200年にわたって西欧キリスト教徒が行った近東への軍事遠征―それが十字軍である。ヨーロッパ側の史料と史観に依拠することもっぱらで、ときに「聖戦」の代名詞ともされる、この中世最大の文明衝突の実相は、はたしてどのようなものだったのだろうか。豊富な一次史料を用い、ジャーナリストならではの生き生きとした語り口で、アラブ・イスラム教徒の観点からリアルな歴史を再現して、通念を覆し偏見を正すとともに、今日なお続く抗争と対立からの脱却の途を示唆する反十字軍史。

この本の目次

序章 千年の対立ここに始まる
1 侵略(一〇九六〜一一〇〇年)
2 占領(一一〇〇〜一一二八年)
3 反撃(一一二八〜一一四六年)
4 勝利(一一四六〜一一八七年)
5 猶予(一一八七〜一二四四年)
6 追放(一二四四〜一二九一年)
終章 アラブのコンプレクス

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可