死を与える

ジャック・デリダ 著 , 廣瀬 浩司 翻訳 , 林 好雄 翻訳

キルケゴール『おそれとおののき』、パトチュカ『異教的試論』などの詳細な読解を手がかりに、デリダがおそるべき密度で展開する宗教論。

死を与える
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:テ-2-3
  • 刊行日: 2004/12/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:400
  • ISBN:4-480-08882-2
  • JANコード:9784480088826
ジャック・デリダ
ジャック・デリダ

デリダ,ジャック

1930−2004年。アルジェリア生まれ。エコール・ノルマル卒業。西洋形而上学のロゴス中心主義の脱構築を企てた哲学者。著書に『声と現象』『グラマトロジーについて』『エクリチュールと差異』『友愛のポリティックス』『マルクスの亡霊たち』『アポリア』『死を与える』ほか多数。

廣瀬 浩司
廣瀬 浩司

ヒロセ コウジ

1963年生まれ。筑波大学人文社会系教授。東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。パリ第1大学博士(哲学)。著書に『後期フーコー』『デリダ――きたるべき痕跡の記憶』などが、訳書に『ミシェル・フーコー講義集成9 生者たちの統治』などがある。

林 好雄
林 好雄

ハヤシ ヨシオ

1952年生まれ。東京大学仏文科卒業。駿河台大学教授。著書に『知の教科書デリダ』(共著)、訳書にデリダ『声と現象』ほか多数。

この本の内容

最愛の息子イサクを犠牲に捧げよと神に命じられたアブラハムはモリヤ山へと向かう。息子に死を与え、その死を神に与えようとした瞬間、その手は押しとどめられる。この二重の贈与の瞬間に何が起きたのか。この出来事が課す無限の分裂の中で、アブラハムはどんな責任を果たし、どんな倫理に従っているのか。そして、この出来事の記憶は、現代のキリスト教、ユダヤ教、イスラム教に何を伝えているのか。キルケゴール『おそれとおののき』、パトチュカ『異教的試論』などの詳細な読解を手がかりに、デリダがおそるべき密度で展開する宗教論。’90年代デリダの代表作。本邦初訳。

この本の目次

死を与える(ヨーロッパ的責任のさまざまな秘密
死を―奪い取るべきものとして与えることと、与えることを学び取ることの彼方で
誰に与えるか(知らないでいることができること)
tout autreはtout autreである(およそ他者というものは/まったく他なるものは、あらゆる他者である/まったく他なるものである))
秘密の文学―不可能な父子関係(秘密の試練―“一者”にも“他者”にも
“父”と“子”と“文学”
“一”以上に)

読者の感想

2016.5.03 三木大志

非常に今まで思い描いていたものとは違う。実にユニークな書物だ。すごく科学的と言えるほどな厳密さで理論を展開しているがなにか胸に迫るものがある

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可