数学の楽しみ  ─身のまわりの数学を見つけよう

テオニ・パパス 著 , 安原 和見 翻訳

数学でうまく説明できる?

ここにも数学があった! 石鹸の泡、くもの巣、雪片曲線、一筆書きパズル、魔方陣、DNAらせん……。イラストも楽しい数学入門150篇。

数学の楽しみ  ─身のまわりの数学を見つけよう
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:ハ-25-1
  • 刊行日: 2007/10/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-09113-0
  • JANコード:9784480091130
テオニ・パパス
テオニ・パパス

パパス・テオニ

1966年カリフォルニア大学バークレー校卒業、1967年スタンフォード大学修士課程修了。数学教師、数学教育コンサルタント。数学はむずかしいという偏見を打破し、数学にまつわりつきがちなエリート意識や恐怖感をなくそうとする活動をつづけている。本書をはじめ、新しい視点から数学を紹介した著作を数多く発表。本書姉妹編に『数学は生きている』(秋山仁監訳、東海大学出版会)がある。

安原 和見
安原 和見

ヤスハラ カズミ

1960年鹿児島生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業。訳書に『戦争における「人殺し」の心理学』『数学の楽しみ』『銀河ヒッチハイク・ガイド』ほか多数。

この本の内容

石鹸のあわ、クモの巣、雪片曲線、植物の葉のつき方、メビウスの輪、魔方陣、一筆書き、DNAらせん…。えっ、どれも数学でうまく説明できるの?!そう、みんな気がついていないだけ。私たちの身のまわりに数学は静かに潜んでいる。数学ぎらいの人には信じられない話!数学の楽しみは、そんな思いがけないものを発見する喜びだ。たとえば初めて植物の細胞を顕微鏡でのぞいたときの興奮を覚えているだろうか。顕微鏡は見なれたものの中に思いがけないものを見せてくれる。この本もそんな興奮を味わわせてくれる虫眼鏡みたいなものだ。どこからでも読み始められる、パズルもありの読みきり150篇。

この本の目次

10進法の進化
ピタゴラスの定理
錯視とコンピュータ・グラフィックス
サイクロイド―幾何学のヘレン
三角形から正方形へ
ハレー彗星
不可能な三角形
結縄文字
書体とフォント
小麦とチェス盤〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可