高等学校の確率・統計

黒田 孝郎 著 , 森 毅 著 , 小島 順 著 , 野崎 昭弘

平均と分散、標準偏差…

成績の平均や偏差値はおなじみでも、実務の水準とは隔たりが! 基礎からやり直したい人のために伝説の検定教科書を指導書付きで復活。

高等学校の確率・統計
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:ノ-4-3
  • 刊行日: 2011/08/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:528
  • ISBN:978-4-480-09393-6
  • JANコード:9784480093936
森 毅
森 毅

モリ ツヨシ

1928年東京生まれ。東京大学数学科卒業。京都大学教養部教授を長く務める。著書に『まちがったっていいじゃないか』(ちくま文庫)、『数学の歴史』(講談社学術文庫)、『対談 数学大明神』(安野光雅氏と共著、ちくま学芸文庫)ほか多数。2010年7月逝去。

野崎 昭弘
野崎 昭弘

ノザキ アキヒロ

1936年生まれ。数学者。東京大学助教授を経て、山梨大学、国際基督教大学、大妻女子大学、サイバー大学の教授を歴任し、現在、大妻女子大学名誉教授。専門は情報数学。著書に『数学的センス』『不完全性定理』(ちくま学芸文庫)『詭弁論理学』(中公新書)『πの話』(岩波現代文庫)『赤いぼうし』(安野光雅絵、童話屋)など、訳書に『ゲーデル,エッシャー,バッハ』(共訳、白揚社)など多数。

この本の内容

平均と分散、標準偏差など、大量の資料からその本質や構造を把握する統計的センス。確からしさを推測する確率・推計のセンス。日常生活でも必要とされながら、じつは数学としてきちんと学んでいないのでは?本書は実際に学校で使われた文部省検定教科書とその指導資料を一冊にまとめたもので、内容の斬新さから教育現場の評価も高かった。教科書はまず「統計の意味」から始まり、続いて「確率」へ、その計算へとなだらかに上昇するので独習用としても最適。指導資料には、思わず試してみたくなる楽しい数学実験も。

この本の目次

第1章 統計の意味
第2章 確率の意味
第3章 確率と順列・組合せ
第4章 二項分布と正規分布
第5章 統計的判断
指導資料

読者の感想

2011.12.17 なお1962

高校教員に採用間もない頃、教材として利用していたことも有り、当時の三省堂の教科書は一揃え今も持っていますが、私が持っている版(おそらく文庫になった版の一つあとの版)とは異なる版でしたので比べながら読むことができ、大変楽しむことができました。
できれば他の科目についても復刊していただきたいのですが、この教科書の魅力は本文もさることながら、各章末に置かれた高校数学の教科書としては異色の「数学の歴史」のページだと私個人は思っているのでその部分だけでも(挿絵付きで)文庫になればいいな、と思っています。

2011.8.29 比嘉良太

素晴らしい!の一言です。駿台で故・土師政雄先生から、教科書は三省堂だけ読みなさいと言われ、そのまま三省堂書店で全冊を買いました。同じ時期にSEGの古川昭夫先生も推薦していたと思います。三省堂教科書の残りの5冊「数学1」「数学2」「代数・幾何」「基礎解析」「微分積分」も指導書付きで復刊お願いします!下手な参考書で受験勉強するよりいいです。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可