間主観性の現象学 その方法

エトムント・フッサール 著 , 浜渦 辰二 監訳 , 山口 一郎 監訳

現象学の根本問題

主観や客観、観念論や唯物論を超えて「現象」そのものを解明したフッサール現象学の中心課題。現代哲学の大きな潮流「他者」論の成立を促す。本邦初訳。

間主観性の現象学 その方法
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:フ-21-2
  • 刊行日: 2012/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:560
  • ISBN:978-4-480-09448-3
  • JANコード:9784480094483
エトムント・フッサール
エトムント・フッサール

フッサール,エトムント

1859-1938。ドイツの哲学者。現象学を創始し、「厳密な学としての哲学」を構築する。現象学の理念は、ハイデガー、サルトル、メルロ=ポンティ、レヴィナス、デリダなどに継承され、現代思想の諸潮流に計り知れない影響を与え続けている。

浜渦 辰二
浜渦 辰二

ハマウズ シンジ

大阪大学教授。著書に『フッサール間主観性の現象学』(創文社)、訳書にフッサール『デカルト的省察』(岩波文庫)ほか。

山口 一郎
山口 一郎

ヤマグチ イチロウ

東洋大学教授。著書に『存在から生成へ』(知泉書館)、訳書にフッサール『受動的綜合の分析』(国文社)ほか。

この本の内容

フッサール現象学の主要概念「間主観性」をめぐるテクストを精選。本邦初訳。これまでにない明解な訳文で、現象学への新たな扉が開かれる。

この本の目次

第1部 還元と方法(現象学の根本問題
純粋心理学と現象学―間主観的還元
現象学的還元の思想についての考察
現象学的な根源の問題
『デカルト的省察』における間主観性の問題について)
第2部 感情移入(感情移入に関する古い草稿からの抜粋
感情移入 一九〇九年のテキストから
「感情移入」と「類比による転用」の概念にたいする批判
本来的な感情移入と非本来的な感情移入
「内的経験」としての感情移入―モナドは窓をもつ)
第3部 発生的現象学―本能・幼児・動物(脱構築による解釈としての幼児と動物への感情移入
他のエゴと間主観性における現象学的還元
構成的発生についての重要な考察
元初性への還元
静態的現象学と発生的現象学
世界と私たち―人間の環境世界と動物の環境世界
幼児―最初の感情移入)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可