身体能力を高める「和の所作」

安田 登

なぜ能楽師は80歳になっても颯爽と舞うことができるか? 「すり足」「新聞パンチ」等のワークで大腰筋を鍛え集中力をつける。 
【解説: 内田樹 】

身体能力を高める「和の所作」
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体600円+税
  • Cコード:0177
  • 整理番号:や-40-1
  • 刊行日: 2010/10/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-42754-0
  • JANコード:9784480427540
安田 登
安田 登

ヤスダ ノボル

1956年生まれ。能楽師、公認ロルファー(米国のボディワーク、ロルフィングの専門家)。主な著書に『身体能力を高める「和の所作」』(ちくま文庫)、『疲れない体をつくる「和」の身体作法』『能に学ぶ「和」の呼吸法』(以上、祥伝社)、『身体感覚で『論語』を読みなおす。』『10のキーワードで味わう『論語』智恵を読み解く古代文字』(春秋社)など。

この本の内容

能楽師が、80〜90歳になっても颯爽と舞っていられるのは、表層筋だけに頼らない独特の「所作」による。「すり足」「新聞パンチ」「ストロー呼吸」などのエクササイズによって、大腰筋を鍛え、呼吸を深くすることで、集中力がつき、持久力のある身体になる。心と体を変えるエクササイズ。文庫化にあたり、新たに呼吸法を加筆した。

この本の目次

第1章 なぜいま「和の所作」なのか(子供たちの様子がおかしい
衰える一方の子供の運動能力 ほか)
第2章 深層筋の働きと呼吸(表層筋と深層筋
大腰筋を活性化せよ ほか)
第3章 姿勢を整える「和の所作」(すべての基本は姿勢から
明治維新は姿勢が決め手だった? ほか)
第4章 身体能力を高める「和の所作」(大腰筋を意識する
腹筋の鍛えすぎに用心 ほか)
第5章 心を鍛える「和の所作」(日本人の心は腹にあった?
声はよくも悪くも「越える」こと ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可