暗黒事件 ─バルザック・コレクション

バルザック 著 , 柏木 隆雄 翻訳

超弩級の感動が胸に迫る
バルザック歴史小説の白眉

フランス帝政下、貴族の名家を襲う陰謀の闇―凛然と挑む美姫を軸に、獅子奮迅する従僕、冷酷無残の密偵、皇帝ナポレオンも絡む歴史小説の白眉。

暗黒事件 ─バルザック・コレクション
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:は-19-5
  • 刊行日: 2014/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:978-4-480-43163-9
  • JANコード:9784480431639
バルザック
バルザック

バルザック

1799年トゥールに生まれ、パリ大学法学部を出て、法律事務所も経験、大衆小説から出発し、出版、印刷、活字鋳造とすべてに失敗。1829年歴史小説『ふくろう党』で再出発。以後20年にわたって復古王政、7月王政下のブルジョワ社会を活写する『人間喜劇』約90篇を執筆。1850年パリの自宅で没。

柏木 隆雄
柏木 隆雄

カシワギ タカオ

1944年生まれ。大手前大学学長。フランス19世紀文学、比較文学。著書に『イメージの狩人─評伝ジュール・ルナール』(臨川書店)、『謎とき「人間喜劇」』(ちくま学芸文庫)。

この本の内容

傑作ぞろいの「人間喜劇」からセレクトする3冊のコレクション、第3回。ナポレオンが戦争を拡大してゆく19世紀初頭のフランスを舞台に、貴族の名家を突如襲った陰謀の闇が描かれる。バルザック最高のヒロイン、サン=シーニュ嬢を軸に、英雄的な従僕ミシュ、冷酷無残な密偵コランタン、若き弁護士グランヴィル、さらにナポレオンやフーシェも登場する歴史小説の白眉。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可