幕末維新のこと ─幕末・明治論コレクション

司馬 遼太郎 著 , 関川 夏央 編集

司馬さんの縦横無尽な幕末がたり
その真髄を一冊に
【文庫オリジナル】

「幕末」について司馬さんが考えて、書いて、語ったことの真髄を一冊に。小説以外の文章・対談・講演から、激動の時代をとらえた19篇を収録。

幕末維新のこと ─幕末・明治論コレクション
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0121
  • 整理番号:し-48-1
  • 刊行日: 2015/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-43256-8
  • JANコード:9784480432568
司馬 遼太郎
司馬 遼太郎

シバ リョウタロウ

(1923‐1996)。大阪府生まれ。大阪外国語学校蒙古語部を卒業。昭和35年に『梟の城』で第42回直木賞を受賞。51年に日本芸術院賞恩賜賞受賞。平成3年、文化功労者。平成5年、文化勲章受章。主な著書に『燃えよ剣』『国盗り物語』『竜馬がゆく』『花神』『坂の上の雲』『翔ぶが如く』『空海の風景』『この国のかたち』『街道をゆく』シリーズなど多数。

関川 夏央
関川 夏央

セキカワ ナツオ

作家、評論家。1949年、新潟県生まれ。主な著書に『海峡を越えたホームラン』、『昭和が明るかった頃』『子規、最後の八年』など多数。

この本の内容

司馬遼太郎が残した幕末・明治に関するエッセイや対談、講演より精選したアンソロジーの“幕末編”。竜馬、松陰、新選組など司馬作品を彩る人物たちはもちろん、史料の片すみにひっそりと登場する「無名の人」にまで注がれる眼差しと、世界史上稀有な革命を実現させた江戸日本の風土を読み解く鋭い批評眼が交差する至高の“歴史語り”を堪能する19編。

この本の目次

第1部(あとがき(『竜馬がゆく 立志篇』)
坂本龍馬と怒涛の時代
勝海舟とカッテンディーケ―“国民”の成立とオランダ ほか)
第2部(無名の人
ペリー・ショック―「排日問題の原形」より
幕末のこと ほか)
第3部(新選組
左衛門尉の手紙日記
竜馬の死 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可