関川 夏央
セキカワ ナツオ

作家、評論家。1949年、新潟県生まれ。主な著書に『海峡を越えたホームラン』、『昭和が明るかった頃』『子規、最後の八年』など多数。

検索結果

前のページへ戻る
4件1~4件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

日本人は何を捨ててきたのか ─思想家・鶴見俊輔の肉声

鶴見 俊輔 著  関川 夏央 著 

明治に造られた「日本という樽の船」はよくできた「樽」だったが、やがて「個人」を閉じ込める「檻」になった。21世紀の海をゆく「船」は?

ちくま学芸文庫  文庫判   336頁   刊行日 2015/10/07  ISBN 978-4-480-09699-9
JANコード 9784480096999

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

明治国家のこと ─幕末・明治論コレクション

司馬 遼太郎 著  関川 夏央 編集 

司馬さんにとって「明治国家」とは何だったのか。西郷と大久保の対立から日露戦争まで、明治の日本人への愛情と鋭い批評眼が交差する18篇を収録。

ちくま文庫  文庫判   368頁   刊行日 2015/03/10  ISBN 978-4-480-43258-2
JANコード 9784480432582

定価:本体840 円+税

在庫  ○

幕末維新のこと ─幕末・明治論コレクション

司馬 遼太郎 著  関川 夏央 編集 

「幕末」について司馬さんが考えて、書いて、語ったことの真髄を一冊に。小説以外の文章・対談・講演から、激動の時代をとらえた19篇を収録。

ちくま文庫  文庫判   352頁   刊行日 2015/03/10  ISBN 978-4-480-43256-8
JANコード 9784480432568

定価:本体840 円+税

在庫  ○

日本人は何を捨ててきたのか ─思想家・鶴見俊輔の肉声

鶴見 俊輔 著  関川 夏央 著 

明治に造られた「日本という樽の船」は、よくできた「樽」だったが、やがて「個人」を閉じ込める「檻」になりかわった。二一世紀の海をゆく「船」はあるのか?

単行本  四六判   288頁   刊行日 2011/08/08  ISBN 978-4-480-85797-2
JANコード 9784480857972

定価:本体2,200 円+税

在庫  ○

  • 1