しぐさで読む美術史

宮下 規久朗

美術を100倍楽しめる!
カラー図版多数

西洋美術では、身振りや動作で意味や感情を伝える。古今東西の名画を「しぐさ」から解き明かす『モチーフで読む美術史』姉妹編。図版200点以上。

しぐさで読む美術史
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0170
  • 整理番号:み-31-3
  • 刊行日: 2015/12/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-43318-3
  • JANコード:9784480433183
宮下 規久朗
宮下 規久朗

ミヤシタ キクロウ

1963年名古屋市生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院修了。美術史家、神戸大学大学院人文学研究科教授。『カラヴァッジョ 聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会)でサントリー学芸賞などを受賞。ほかに、『モチーフで読む美術史』(ちくま文庫)、『食べる西洋美術史』『ウォーホルの芸術』『欲望の美術史』(光文社新書)、『カラヴァッジョへの旅』(角川選書)、『刺青とヌードの美術史』(NHKブックス)、『フェルメールの光とラ・トゥールの焔』(小学館101ビジュアル新書)、『知っておきたい世界の名画』(角川文庫)など多数の著作がある。

この本の内容

西洋美術を鑑賞するには、人物の身振りやそこに込められた意味について知っておくことが重要だ。有名な《最後の晩餐》や《受胎告知》も、よく観察すると、描かれた個々の人物の異なる身振りがそれぞれ別の感情を表すことに気づく。知らないと見過ごしてしまうこれらの身振りや動作に注目すると、絵の中の「物語」が鮮明に見えてくる。古今東西の美術作品200点以上、カラー図版多数。

この本の目次

走る
踊る
梳る
殴る
踏む
吹く
接吻
抱く
食べる
飲む
おんぶ
落ちる
支払う
手を取る
肩を組む
恥じらい
嘲り
怒り
嘆き
絶望
酔態
驚き
叫び
笑い
祈り
祝福
正座
土下座
体育座り
寝そべる
居眠り
頬杖
宣誓
聖なる手
足を組む
腕を組む
数え指
頭に手を置く
天を指す
沈黙

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可