一枚の絵で学ぶ美術史 カラヴァッジョ《聖マタイの召命》

宮下 規久朗

名画ながら謎の多い《聖マタイの召命》。この絵を様々な角度から丁寧に読み解いてみる。たった1枚の絵画からあふれて尽きぬ豊かなメッセージを受け取る。

一枚の絵で学ぶ美術史 カラヴァッジョ《聖マタイの召命》
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0270
  • 整理番号:345
  • 刊行日: 2020/02/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-68369-4
  • JANコード:9784480683694
宮下 規久朗
宮下 規久朗

ミヤシタ キクロウ

1963年名古屋市生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院修了。美術史家、神戸大学大学院人文学研究科教授。『カラヴァッジョ 聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会)でサントリー学芸賞などを受賞。ほかに、『モチーフで読む美術史』(ちくま文庫)、『食べる西洋美術史』『ウォーホルの芸術』『欲望の美術史』(光文社新書)、『カラヴァッジョへの旅』(角川選書)、『刺青とヌードの美術史』(NHKブックス)、『フェルメールの光とラ・トゥールの焔』(小学館101ビジュアル新書)、『知っておきたい世界の名画』(角川文庫)など多数の著作がある。

この本の内容

バロックを代表する画家カラヴァッジョの名画『聖マタイの召命』。この謎の多い絵画に込められた豊かなメッセージを受け取ろう。美術をみる目を助ける基礎的かつ普遍的な知識を紹介し西洋美術史の豊かな世界に誘う一冊。

この本の目次

第1章 カラヴァッジョの時代と美術(宗教改革と世俗美術のはじまり
カトリック改革と宗教画の再生 ほか)
第2章 『聖マタイの召命』とは(サン・ルイージ・デイ・フランチェージ聖堂
聖マタイ伝 ほか)
第3章 マタイはどこか(マタイ問題
マタイはどちらか? ほか)
第4章 回心と復活(パウロの回心
第一バージョン ほか)
第5章 死と召命(聖ペテロの否認
お迎えと殉教 ほか)

読者の感想

2020.3.01 peony

本書は、カラヴァッジョの名画「聖マタイの召命」を中心に、マタイ、ペテロ、パウロといった聖人の回心や殉教の意味、それらが現代の私たちとどうつながるのか、なぜカラヴァッジョが光源を描かなかったのか、「召命」と「天職」、日本の「お迎え」との違い等々、同時代の画家たちやのちのカラヴァッジェスキの画家たちの作品と比較しながら、幅広い知識を持つ著者が丁寧にわかりやすく読み解いていきます。西洋美術の見方、更には人のあり方、人生そのものについて考えさせてくれる奥深く貴重な一冊です。

2020.2.18 romichan

一枚の絵から発せられる様々なメッセージ、カラバッジョという人が確かに生きていたことを感じました。高校生向けの本と言うことですが、私(50代)にもとても読み応えありました。私が高校生の時にこの本に出会えれば良かったなと思いました。召命はいつ来るか分からない、気づかないかもしれない。気づく事ができる様、心を平に持てる様これからも美術史を勉強していきたいなと思います。

2020.2.14 前田知子

マタイの召命だけでなく、カラヴァッジョの様々な絵の紹介があります。また、カラヴァッジョだけでなく、バロック時代という時代を勉強できます。深く広く高い知識を惜しみ無く高校生でも読める容易な文章で書かれています。カラヴァッジョの研究者の第一人者である宮下氏が解説されていることが、貴重です。読めば読むほどにカラヴァッジョの絵のみならず、人生、人柄に興味が湧き、謎、魅力に引き込まれていきます。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可