ことばの発達の謎を解く

今井 むつみ

息子が言葉を覚える様子は
手品のようでした。
その種明かしが本書です。
外国語を学ぶ前に
読みたい本でもあります。
――俵万智さん推薦

単語も文法も知らない赤ちゃんが、なぜ母語を使いこなせるようになるのか。発達心理学、認知科学の視点から、思考の道具であることばを獲得するプロセスを描く。

ことばの発達の謎を解く
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体860円+税
  • Cコード:0211
  • 整理番号:191
  • 刊行日: 2013/01/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-68893-4
  • JANコード:9784480688934
今井 むつみ
今井 むつみ

イマイ ムツミ

1989年慶應義塾大学社会学研究科後期博士課程修了。1994年ノースウエスタン大学心理学博士。慶應義塾大学環境情報学部教授。専門は認知科学、言語心理学、発達心理学。現在、玉川大学赤ちゃんラボと共同研究を進めている。著書に、『ことばと思考』(岩波新書)、『レキシコンの構築――子どもはどのように語と概念を学んでいくのか』(針生悦子氏と共著、岩波書店)、『新・人が学ぶということ――認知学習論からの視点』(野島久雄氏・岡田浩之氏と共著、北樹出版)などがある。

この本の内容

単語も文法も知らない赤ちゃんが、なぜ母語を使いこなせるようになるのか。ことばの意味とは何か、思考の道具としてどのように身につけていくのか。子どもを対象にした実験の結果をひもとき、発達心理学・認知科学の視点から考えていく。

この本の目次

第1章 アラミルクガホシイノネ―単語の発見
第2章 ヘレン・ケラーのwater事件―ことばの世界の扉を開ける
第3章 歯で唇をフム―動詞の意味の推測
第4章 血圧がヤスイ―モノの性質、色、位置関係の名前の学習
第5章 ことばの発達の謎を解く―発見、創造、修正
第6章 言語が思考をつくる
終章 読者のみなさんへのメッセージ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可