親子で育てる ことば力と思考力

今井 むつみ

たくさん単語を暗記してもことば力は育たない。ことばの意味を自分で考えて覚えれば、ことば力、思考力、学力もアップ。その仕組みと方法をわかりやすく伝える。

親子で育てる ことば力と思考力
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0037
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2020/03/27
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:160
  • ISBN:978-4-480-84749-2
  • JANコード:9784480847492
今井 むつみ
今井 むつみ

イマイ ムツミ

1989年慶應義塾大学社会学研究科後期博士課程修了。1994年ノースウエスタン大学心理学博士。慶應義塾大学環境情報学部教授。専門は認知科学、言語心理学、発達心理学。現在、玉川大学赤ちゃんラボと共同研究を進めている。著書に、『ことばと思考』(岩波新書)、『レキシコンの構築――子どもはどのように語と概念を学んでいくのか』(針生悦子氏と共著、岩波書店)、『新・人が学ぶということ――認知学習論からの視点』(野島久雄氏・岡田浩之氏と共著、北樹出版)などがある。

この本の内容

たくさん単語を暗記してもことば力は育たない。ことばの意味を自分で考えて覚えれば、ことば力、思考力、学力もアップ。その仕組みと方法をわかりやすく伝えます。

この本の目次

1 子どもはことばをどう覚えていくか(ことばが指し示す範囲を探す―「ウサギ」の意味は?
モノの特徴に注目する―レモンもはっぱも「おつきさま」 ほか)
2 ことばの力と「思考力」(「思考力」っていったい何?
推論って何? ほか)
3 学校で必要になることば力と「9歳の壁」(日常生活の語彙では足りない
抽象的な概念のことばを理解する ほか)
4 幼児期にことば力をつける方法(ことば力が十分に育たないわけ
幼児期のことば力が学力を決める ほか)
5 思考力と学力を育てる絵本読み聞かせ(小学校以降で必要な語彙のほとんどは読書から学ぶ
絵本選びと絵本読みのポイント ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可