ミシェル・フーコー講義集成13 真理の勇気 ─コレージュ・ド・フランス 講義1983─1984

ミシェル・フーコー 著 , 慎改 康之 翻訳

未来への起爆力を秘めた
最後の講義、
いま明かされる
フーコーの哲学的遺言

パレーシア(勇気をもって真理を語ること)に関する考究をさらに深め、ソクラテスやキュニコス派を独創的なやり方で提示する。哲学的遺言ともいうべき最終講義。

ミシェル・フーコー講義集成13 真理の勇気 ─コレージュ・ド・フランス 講義1983─1984
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体5,900円+税
  • Cコード:1310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2012/02/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:488
  • ISBN:978-4-480-79053-8
  • JANコード:9784480790538
ミシェル・フーコー
ミシェル・フーコー

フーコー,ミシェル

1926年フランス・ポワティエ生まれ。高等師範学校で哲学を専攻、ヨーロッパ各国の病院・研究所で精神医学を研究する。1969年よりコレージュ・ド・フランス教授。1984年没。主著に『精神疾患とパーソナリティ』、『狂気の歴史』、『臨床医学の誕生』、『言葉と物』、『知の考古学』、『監視と処罰』、『性の歴史』がある。

慎改 康之
慎改 康之

シンカイ ヤスユキ

1966年、長崎生まれ。東京大学教養学部卒、東京大学大学院博士課程退学。フランス社会科学高等研究院(EHESS)博士課程修了。現在、明治学院大学教授。著書として『法の他者』(共著、御茶の水書房)、訳書に『ミシェル・フーコー講義集成』第4、5、8、ポール・ヴェーヌ『フーコー その人その思想』(筑摩書房)他。

この本の内容

パレーシア(勇気をもって真理を語る)概念についての考究を、政治におけるパレーシアに焦点を定めつつ古代哲学の読み直しを試みた前年の主題をうけてさらに深めてゆき、ソクラテスやキュニコス派を独創的なやり方で提示、ギリシア・ラテン思想とキリスト教との関係をも展望する。権力や死を前に真理を語る古代の哲学者の言説が、フーコー自身の病と死の地平から放たれるかのような稀有な輝きとともに繰り広げられてゆく、哲学的遺言とも言うべきフーコーの最終講義。

この本の目次

認識論的諸構造と、真理表明術の諸形式
パレーシアに関する研究の系譜。自己自身に関する“真なることを語ること”の諸実践
自己への配慮の地平における生存の師
その主要な特徴としてのパレーシア
パレーシア概念の起源について
パレーシアの二重の意味
構造上の諸特徴。真理、契約、リスク
パレーシア的協定
パレーシア対弁論術
“真なることを語ること”の種別的方式としてのパレーシア〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可