虹色と幸運

柴崎 友香

どうするかなー、今後の人生。
webちくまの人気連載を単行本化

珠子とかおりは大学の、夏美とかおりは高校の同級生。かつての仲良し、アラサー3人が各々の人生を選択していく様を、移りゆく季節を背景に色鮮やかに描く感動作。

虹色と幸運
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0093
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/07/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-80434-1
  • JANコード:9784480804341
柴崎 友香
柴崎 友香

シバサキ トモカ

1973年、大阪生まれ。2000年に第一作『きょうのできごと』を上梓、04年に映画化される。07年に『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、10年に『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞、14年に「春の庭」で芥川賞を受賞。他の小説作品に『パノララ』『わたしがいなかった街で』『星よりひそかに』『フルタイムライフ』、エッセイに『よう知らんけど日記』『よそ見津々』などがあり、著書多数。

この本の内容

どうするかなー、今後の人生。そろそろなにか決めなきゃいけないかも。そんな年頃の同級生3人。明日に向かって一歩ずつ。三人三様の一年間。

読者の感想

2011.8.03 真夏日和

珠子に幸せになってほしいと切に思う。なんでだろう、多分珠子の恋愛観とか自分なんかとか思うところにいちばん寄り添えたからと思います。一人称でも完全な三人称でもない柴崎さん独特の視点で、わーっとなるところもありましたが、もう少し置いといてまた絶対読み返します。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可