ベルリンは晴れているか

深緑 野分

1945年7月、4カ国統治下のベルリン。恩人の不審死を知ったアウグステは彼の甥に訃報を届けるため陽気な泥棒と旅立つ。期待の新鋭、待望の書き下ろし長篇。

ベルリンは晴れているか
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,900円+税
  • Cコード:0093
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2018/09/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-80482-2
  • JANコード:9784480804822
深緑 野分
深緑 野分

フカミドリ ノワキ

一九八三年、神奈川県生まれ。小説家。二〇一〇年「オーブランの少女」が第七回ミステリーズ!新人賞で佳作に入選、二〇一三年に同作を含む短編集『オーブランの少女』(東京創元社)でデビュー。二〇一五年に刊行した初長編『戦場のコックたち』(東京創元社)は、第一五四回直木賞や二〇一六年本屋大賞の候補になり、各誌ミステリ・ランキングでも軒並み上位を獲得するなど高い評価を得る。他の著書に『分かれ道ノストラダムス』(双葉社)。二〇一七年、第六六回神奈川文化賞未来賞受賞。

この本の内容

総統の自死、戦勝国による侵略、敗戦。何もかもが傷ついた街で少女と泥棒は何を見るのか。1945年7月。ナチス・ドイツが戦争に敗れ米ソ英仏の4カ国統治下におかれたベルリン。ソ連と西側諸国が対立しつつある状況下で、ドイツ人少女アウグステの恩人にあたる男が、ソ連領域で米国製の歯磨き粉に含まれた毒により不審な死を遂げる。米国の兵員食堂で働くアウグステは疑いの目を向けられつつ、彼の甥に訃報を伝えるべく旅出つ。しかしなぜか陽気な泥棒を道連れにする羽目になり―ふたりはそれぞれの思惑を胸に、荒廃した街を歩きはじめる。最注目作家が放つ圧倒的スケールの歴史ミステリ。

読者の感想

2018.12.09 匿名希望

ミステリというエンターテンメント性の求められる形式で、戦争・民族主義・全体主義・差別などの傷痕という重い内容を見事に書き切った傑作でした。普遍的なテーマを、膨大な下調べに基づいて具体的なフィクションエピソードに落とし込んで描いており素晴らしかったです。今年は、差別や不寛容の表面化する出来事が著しく目立ち、抑鬱的な症状に見舞われるほど気分が落ち込む年でしたが、著者が問題意識を持って創作に向き合われ、このような傑作を生み出された事実だけでも救われます。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可