ワイルドサイドをほっつき歩け ─ハマータウンのおっさんたち

ブレイディ みかこ

笑いと涙の感動エッセイ。恋と離婚、失業と抵抗。絶望している暇はない。日常をゆるがすEU離脱や排外主義を前に立ち上がる中高年たちの気迫が胸を打つ!

ワイルドサイドをほっつき歩け ─ハマータウンのおっさんたち
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,350円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2020/06/01
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-81550-7
  • JANコード:9784480815507
ブレイディ みかこ
ブレイディ みかこ

ブレイディ ミカコ

ライター、コラムニスト。2007年から保育士。1965年福岡市生まれ。96年から英国ブライトン在住。著書に『アナキズム・イン・ザ・UK』『ザ・レフト──UK左翼セレブ列伝』(以上、Pヴァイン)、『ヨーロッパ・コーリング──地べたからのポリティカル・レポート』(岩波書店)、『THIS IS JAPAN――英国保育士が見た日本』(太田出版)、『子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から』(みすず書房)、『いまモリッシーを聴くということ』(Pヴァイン)がある。

この本の内容

EU離脱、競争激化社会、緊縮財政などの大問題に立ち上がり、人生という長い旅路を行く中高年への祝福に満ちたエッセイ21編。第2章は、現代英国の世代、階級、酒事情についての著者解説編。

この本の目次

第1章 This Is England 2018〜2019(刺青と平和
木枯らしに抱かれて
ブライトンの夢―Fairytale of Brighton
二〇一八年のワーキング・クラス・ヒーロー
ワン・ステップ・ビヨンド ほか)
第2章 解説編―現代英国の世代、階級、そしてやっぱり酒事情(英国の世代にはどんなものがあるのか
英国の階級はいまどういうことになっているのか
最後はだいじなだいじな酒の話)

読者の感想

2020.7.07 ばらこ

雨の多い今の季節。少しブルーな気持ちを吹き飛ばすような爽快な切り口! 鋭く、どこまでもリアルな視線、そして時々ほろりとしてしまう情景……一気に読ませて頂きました。
文字から、おっさんたちの服、その色やデザインや素材、肌や紙の質感、音楽のビート、パブの湿った空気やそこにいる人たちの息遣いがあふれ出すのを感じました。リアルに生きる人は、時代の移ろいや寄る年波にも簡単に降参なんかしない! きっとこのコロナ禍の時代もしぶとく、出来るだけ前向きに頑張っていることでしょう。


みかこさん、ありがとう!
日本の、四国の左上あたりに住むおばさんもめっちゃ元気をもらいましたよ!

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可