吉本ばななと俵万智

吉本ばななと俵万智はなぜあれだけ売れたのか? その文学的意義は? 現代日本語の情況と若者の心の有りようを探り、世代の隙間を埋めるばなな・サラダ論。

吉本ばななと俵万智
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,194円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1990/03/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六変判
  • ページ数:210
  • ISBN:4-480-82280-1
  • JANコード:9784480822802

この本の内容

10軒に1軒は持っている〈吉本ばなな〉と〈俵万智〉。全共闘世代の著者が若い世代と隙間を埋めながら、現代の心のあり方を探りつつ、その文学的意味を考える、おじさんのためのばなな・サラダ入門。

この本の目次

俵万智論(「海を見に行く」
『サラダ記念日』)
吉本ばなな論(死との出会いと思い出の輝き―『キッチン』
家族と恋人―『うたかた』
語り手の位相―『サンクチュアリ』
失われた輝かしい過去―『哀しい予感』
分離される自己・天使と悪魔―『TUGUMI』
他人への負い目―『白河夜船』
ふたつの恋―『夜と夜の旅人』
三角関係とオカルト―『ある体験』)
俵万智と吉本ばなな(生活と思想
文学としての価値)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可