かくも長い時にわたって

井上 究一郎

『失われた時を求めて』の個人全訳を完成したフランス文学者の、四十年以上にわたる既刊単行本未収録のプルースト論・エッセーを集大成した、まさに待望の一冊。

かくも長い時にわたって
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,796円+税
  • Cコード:0098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1991/05/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:384
  • ISBN:4-480-83603-9
  • JANコード:9784480836038
井上 究一郎
井上 究一郎

イノウエ キュウイチロウ

1909-99年。大阪府に生まれる。東京帝国大学文学部フランス文学科卒業。東京大学名誉教授。著訳書に『井上究一郎文集』(全2巻)、プルースト『失われた時を求めて』などがある。

この本の目次

1 水源の構造(マドレーヌの1きれと日本の水中花
プルーストのヴィジョンを開花させたネルヴァル
「心情の間歇」
「芸術作品」)
2 近ごろ、析にふれて(マルセル・プルースト
『花咲く乙女のかげに』という小説は…
『ゲルマントのほう』の空間とドラマ
『ソドムとゴモラ』への船出
『見出された間の』の筋を追って)
3 昔と近ごろとのはざま(奇遇
『千一夜物語』とプルースト
岸田国士とヴィスコンティ
ヴィスコンティ=プルースト『失われた時を求めて』の邦訳シナリオによせて〈序文〉
映画『スワンの恋』を観る)
4 昔の文反古(マルセル・プルーストの方法―1913年を中心にして
フランス現代小説の転回期とマルセル・プルースト
新心理主義の文学)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可