モンテーニュ私記 ─よく生き、よく死ぬために

保苅 瑞穂

読むほどに深まる『エセー』の尽きせぬ魅力を、戦乱あい次ぐ激動の時代を背景にドラマティックに描き、生と死をめぐる思考の極限へと読む者を誘う深い思索の書。

モンテーニュ私記 ─よく生き、よく死ぬために
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,800円+税
  • Cコード:0098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2003/10/14
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:368
  • ISBN:4-480-83642-X
  • JANコード:9784480836427

この本の内容

優れたプルースト研究者として、かつ名文章家として知られる仏文学者が、永年読み親しんできた『エセー』と人間モンテーニュの尽きせぬ魅力を、戦乱の激動の時代を背景にドラマティックに語り、生と死をめぐる思考の極北へと読む者を誘なう深い思索の書。

この本の目次

第1部 乱世に棲む(怒りについて―人食い人種は野蛮か
宗教戦争の渦中で
道草―新しい橋ポン=ヌフ余聞
宗教戦争の批判―あるいは文明と野蛮)
第2部 モンテーニュはどう生きたか(ある転機について―「レーモン・スボンの弁護」をめぐって
世界、この私を映す鏡
変化の相のもとに
果樹園にて―日々が静かであるために)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可