超国家主義 ─煩悶する青年とナショナリズム

中島 岳志

昭和初期を中心に、青年たちはなぜ超国家主義に魅入られ、時にテロルへと走ったのか。安藤輝三ら二四名の人物に光を当て、その行動の原理と心情を探る!

超国家主義 ─煩悶する青年とナショナリズム
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,700円+税
  • Cコード:0012
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2018/03/27
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-84316-6
  • JANコード:9784480843166
中島 岳志
中島 岳志

ナカジマ タケシ

1975年大阪府生まれ。大阪外国語大学外国語学部ヒンディー語学科卒業後、京都大学大学院博士課程修了。現在、北海道大学准教授。学術博士(地域研究)。2005年、『中村屋のボース−インド独立運動と近代日本のアジア主義』(白水社)でアジア太平洋賞大賞、大仏次郎論壇賞を受賞。著書に『パール判事―東京裁判と絶対平和主義』(白水社)、『インドの時代――豊かさと苦悩の幕開け』(新潮社)、『ナショナリズムと宗教−現代インドのヒンドゥー・ナショナリズム運動』(春風社)などがある。

この本の内容

救いは、国家との合一!?人生に苦悶し、不安に苛まれた戦前期の青年たち。救いを希求し、政治活動へと傾斜したその帰結とは?形を変えながらも、現代日本に今なお伏流する超国家主義、その核心に迫る!

この本の目次

第1章 自然とユートピア
第2章 愛と恍惚の全体主義
第3章 不平等・革命・テロ
第4章 敗北のパトス
第5章 弾圧
終章 煩悶と超国家

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可