海の道 山の道

遠藤 ケイ

男の道
webちくまの人気連載を単行本化

海にも、山にも、懐かしい道がある。私たちの祖先が日本列島に標した足跡を解き明かし、いまも伝統のなかで暮らす男たちの屹立した精神を静かに描く。カラー図版60点。

海の道 山の道
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,000円+税
  • Cコード:0039
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2009/05/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-85790-3
  • JANコード:9784480857903
遠藤 ケイ
遠藤 ケイ

エンドウ ケイ

1944年生まれ。もの描き。四十年来、民俗学をテーマに、絵と文による執筆活動を続けている。取材先では、ときにはみずから仕事を手伝い、ともに酒を酌み交わし、その技量と境地に深く寄り添ってきた。主な著書に、『熊を殺すと雨が降る』(ちくま文庫)、『暮らしの和道具』(ちくま新書)、『男の民俗学』(小学館文庫)など多数ある。

この本の内容

漁法、狩猟法、製鉄法、農法、民間信仰など、日本には古来より伝わるさまざまな原型がある。それらは、黒潮や朝鮮半島からつづく「海の道」を経由して日本にもたらされ、中央構造体という「山の道」を介して日本各地に伝播していった。そのコミュニケーション回路は竹の根のように複雑にからみ合い、その道程には古代からつづく人間の知恵と時間が集積している。本書は、こうした日本の原型が形作られた歴史的な「道」を明らかにしながら、その「道」を生業として受け入れる職人たちの屹立した精神を静かに描く。二つの「道」が織り成す壮大なタペストリーのなかで、“日本”の姿を考えなおす。

この本の目次

第1章 竹の道
第2章 漁の道
第3章 鍛冶の道
第4章 狩猟の道
第5章 修験の道
第6章 草の道
第7章 来訪神の道

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可