ヤンキーと地元 ─解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち

打越 正行

沖縄のヤンキーたちはどのような現実を生きているのか。暴走族の若者たちとのつき合いに始まり、一〇年以上にわたって調査をしてきた社会学者がその実態を描く。

ヤンキーと地元 ─解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2019/03/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-86465-9
  • JANコード:9784480864659
打越 正行
打越 正行

ウチコシ マサユキ

1979年生まれ。社会学者。2016年、首都大学東京人文科学研究科にて博士号(社会学)を取得。現在、特定非営利活動法人 社会理論・動態研究所研究員、沖縄国際大学南島文化研究所研究支援助手ならびに琉球大学非常勤講師。共著に『最強の社会調査入門』(前田卓也ほか編著、ナカニシヤ出版、2016年)、『沖縄の階層と共同体―分断を超えて(仮)』(岸政彦ほか編著、ナカニシヤ出版、近刊)などがある。

この本の内容

生まれ故郷が嫌いだと吐き捨てるように言った、沖縄の若者。その出会いを原点に、沖縄での調査は始まった。生きていくために建設業や性風俗業、ヤミ仕事に就いた若者たち。10年以上にわたって、かれらとつき合ってきた社会学者の、かつてない記録の誕生!

この本の目次

第1章 暴走族少年らとの出会い(広島から沖縄へ
拓哉との出会い ほか)
第2章 地元の建設会社(裕太たちとの出会い
沖組という建設会社 ほか)
第3章 性風俗店を経営する(セクキャバ「ルアン」と真奈
「何してでも、自分で稼げよ」―洋介の生活史 ほか)
第4章 地元を見切る(地元を見切って内地へ―勝也の生活史
鳶になる ほか)
第5章 アジトの仲間、そして家族(家出からアジトへ―良夫の生活史
「自分、親いないんっすよ」―良哉の生活史 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可