人権、国家、文明 ─普遍主義的人権観から交際的人権観へ

大沼 保昭

人権問題の権威者による研究総括。文明横断の観点から、主権を越える普遍的人権としての「文際的」人権論を提唱、展開する。人権問題の基本図書である。

人権、国家、文明 ─普遍主義的人権観から交際的人権観へ
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体3,800円+税
  • Cコード:3031
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1998/12/16
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:416
  • ISBN:4-480-86704-X
  • JANコード:9784480867049
大沼 保昭
大沼 保昭

オオヌマ ヤスアキ

1946年生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科教授、明治大学法学部特任教授などを歴任。東京大学名誉教授。専攻は国際法学。著書『サハリン棄民』(中公新書、1992年)、『人権、国家、文明』(筑摩書房、1998年)、『「慰安婦」問題とは何だったのか』(中公新書、2007年)、『「歴史認識」とは何か』(中公新書、2015年)、International Law in a Transcivilizational World,(Cambridge University Press,2017)など多数。2018年10月逝去。

この本の内容

人権は普遍的か、あるいは、文化や経済発展によって異なる相対的なものか。本書は現在支配的な欧米中心の人権観を克服し、文際的人権論による途上国を含めた人権の普遍化を提唱する。

この本の目次

第1章 国際秩序を揺るがす三つの相剋と文際的アプローチの必要性
第2章 国際社会における自然権思想
第3章 人権は主権を超えるか―不干渉原則と「普遍的価値」との相剋
第4章 人権の普遍性対相対性論争と現行人権基準の問題性
第5章 欧米中心主義、自然権中心主義、個人中心主義の問題
第6章 人権の普遍化と非欧米諸国
第7章 文際的人権観の模索

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可