時間・労働・支配 ─マルクス理論の新地平

モイシェ・ポストン 著 , 白井 聡 監訳 , 野尻 英一 監訳

近代=資本主義への
〈社会理論〉の応答
マルクス理論の、新たなる
古典の誕生

グローバルな経済危機を招来し、絶えざる世界変容を駆動する資本主義=近代。その深層構造を明らかにし、従来のマルクス理論を刷新する〈社会理論〉の金字塔!

時間・労働・支配 ─マルクス理論の新地平
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体6,000円+税
  • Cコード:0010
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2012/08/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:688
  • ISBN:978-4-480-86722-3
  • JANコード:9784480867223
モイシェ・ポストン
モイシェ・ポストン

ポストン,モイシェ

1942年生まれ。シカゴ大学教授(近現代史)。Ph.D(政治学・社会学)。欧米では理論派のマルクス研究者として広くその名を知られ、主著『時間・労働・支配』は本邦初訳。他の著作にPerspective on Global Crisis(Duke Univ Pr)などが、共著にCatastrophe and Meaning(Univ of Chicago Pr)などがある。

白井 聡
白井 聡

シライ サトシ

1977年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。現在、文化学園大学助教。専門は政治学・社会思想。『未完のレーニン』(講談社選書メチエ)『「物質」の蜂起をめざして』(作品社)『永続敗戦論』(太田出版)がある。

著者からのメッセージ

〈商品空間〉の彼方へ[全文を読む]

この本の内容

グローバルな経済危機を招来し、絶えざる世界変容を駆動する資本主義=近代。その深層構造を明らかにし、従来のマルクス理解を刷新する“社会理論”の金字塔。

この本の目次

第1部 伝統的マルクス主義への批判(マルクスの資本主義批判を再考する
伝統的マルクス主義の諸前提
伝統的マルクス主義の限界と“批判理論”の悲観論への転回)
第2部 商品―マルクスによる批判の再構築へ向けて(抽象的労働
抽象的時間
ハーバーマスのマルクス批判)
第3部 資本―マルクスの批判の再構築へ向けて(資本の理論に向かって
労働と時間の弁証法
生産の軌道
結論的考察)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可