仁義なき聖書美術【新約篇】

架神 恭介 著 , 池上 英洋

カリスマ親分イエスと十二人の舎弟をめぐる悲喜劇、そして神の王国。新約聖書の物語を西洋美術はどのように描いてきたのか。やくざ風物語と作品鑑賞で読みとく。

仁義なき聖書美術【新約篇】
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0070
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2020/03/27
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-87406-1
  • JANコード:9784480874061
架神 恭介
架神 恭介

カガミ キョウスケ

1980年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。作家。フリーライター。マンガ原作者。著書に『よいこの君主論』『仁義なきキリスト教史』『戦闘破壊学園ダンゲロス』(以上、ちくま文庫)、『完全教祖マニュアル』(ちくま新書、辰巳一世との共著)など多数。

池上 英洋
池上 英洋

イケガミ ヒデヒロ

1967年広島県生まれ。美術史家、東京造形大学教授。東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。著書に『Due Voltidell’Anamorfosi』(Clueb, イタリア)、『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(小学館)、『イタリア 24の都市の物語』(光文社)、『神のごときミケランジェロ』(新潮社)、『?失われた名画?の展覧会』(大和書房)、『西洋美術史入門』『西洋美術史入門〈実践編〉』『死と復活』『官能美術史』『残酷美術史』『美少年美術史』(筑摩書房)など。

この本の内容

幼児大虐殺!十字架刑!そして、やくざ王国の建設!親分イエスと十二人の舎弟の悲喜劇が展開される新約聖書の世界へようこそ!やくざ風物語と美術鑑賞で、聖書と西洋美術の両方がわかる!画期的美術読本!!

この本の目次

第1部 仁義なき新約物語(受胎告知
降誕と東方三博士の礼拝
割礼と幼児虐殺
聖家族
洗礼と荒野の誘惑 ほか)
第2部 仁義なき新約聖書の美術(洗礼者ヨハネの斬首
嬰児虐殺
パッション
磔刑
聖体の奇跡とユダヤ人迫害 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可