菊地 ひと美
キクチ ヒトミ

江戸衣装考証家、文筆業・日本画家。衣装デザイナーを経たのち、早稲田大学で学び、江戸をテーマに絵と文章による著作活動に入る。その作品は内外で高い評価を得ている。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

江戸衣装図絵 奥方と町娘たち

菊地 ひと美 著 

江戸二六〇年の間、変わり続けた女たちのファッション。着物の模様、帯の結び、髪形、装身具など、その流行の変遷をカラーイラストで紹介する。

  文庫判   192頁   刊行日 2021/11/10  ISBN 978-4-480-43774-7
JANコード 9784480437747

定価:本体950 円+税

在庫  ○

江戸衣装図絵 武士と町人

菊地 ひと美 著 

江戸の男たちの衣装は仕事着として発達した。やがて、遊び心や洒落心から様々なスタイルが生まれた。そのすべてをカラーイラストで紹介する。

  文庫判   192頁   刊行日 2021/11/10  ISBN 978-4-480-43775-4
JANコード 9784480437754

定価:本体950 円+税

在庫  ○

花の大江戸風俗案内

菊地 ひと美 著 

時代小説や歌舞伎をより深く味わうために必携の一冊。江戸の廓遊びから衣装・髪型・季節の風俗を美しいイラストと文章で紹介。文庫オリジナル。

ちくま文庫  文庫判   176頁   刊行日 2002/12/10  ISBN 4-480-03776-4
JANコード 9784480037763

定価:本体820 円+税

  • 1