常盤 新平
トキワ シンペイ

1931年岩手県生まれ。作家、翻訳家。早稲田大学文学部英文科卒業後、早川書房に入社。ミステリー雑誌の編集長など、10年に及ぶ編集者生活を経て、執筆活動に入る。『遠いアメリカ』(講談社)で第96回直木賞受賞。著書に『私の好きな時代小説』(晶文社)、『東京の小さな喫茶店・再訪』(リブロアルテ)、『山の上ホテル物語』(白水社)、訳書にB・ウッドワード、C・バーンスタイン『大統領の陰謀』(文藝春秋)、J・L・アンダースン『獅子と呼ばれた男』(清流出版)、D・モリス『ウーマンウォッチング』(小学館)など多数。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

銀座旅日記

常盤 新平 著 

馴染みの喫茶店で珈琲と読書をたのしみ、黄昏の酒場に人生の哀歓をみる。散歩と下町が大好きな新平さんの風まかせ銀座旅歩き。文庫オリジナル

ちくま文庫  文庫判   400頁   刊行日 2011/03/09  ISBN 978-4-480-42807-3
JANコード 9784480428073

定価:本体1,000 円+税

在庫  切れ中

  • 1