木村 陽二郎
キムラ ヨウジロウ

1921―2006年。山口市生まれ。東京帝国大学植物学科卒業。東京大学教授・中央大学教授などを歴任。専攻、生物学・生物学史。著書に『日本自然誌の成立』『ナチュラリストの系譜』(中央公論社)『シーボルトと日本の植物』(恒和出版)『生物学史論集』(八坂書房)ほか。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ナチュラリストの系譜 ─近代生物学の成立史

木村 陽二郎 著 

西欧でどのように動物や植物の観察が生まれ、生物学の基礎となったか。分類体系の変遷、啓蒙主義との親和性等、近代自然誌を辿る名著。解説 塚谷裕一

ちくま学芸文庫  文庫判   288頁   刊行日 2021/02/10  ISBN 978-4-480-51035-8
JANコード 9784480510358

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

原典による生命科学入門

木村 陽二郎 著 

ヒポクラテスの医学からラマルク、ダーウィン、そしてワトソン‐クリックまで、世界を変えた医学・生物学の原典十篇を抄録。 <br /> 【解説: 伊東俊太郎 】

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 2012/08/08  ISBN 978-4-480-09478-0
JANコード 9784480094780

定価:本体1,200 円+税

私の植物散歩

木村 陽二郎 著 

日本の四季を彩る樹木や草木。本書は、植物学者がそれら一つ一つを、故事を織り交ぜつつ書き綴った随筆集である。美麗な植物画を多数収録。 <br /> 【解説: 坂崎重盛 】

ちくま学芸文庫  文庫判   256頁   刊行日 2012/07/10  ISBN 978-4-480-09475-9
JANコード 9784480094759

定価:本体1,100 円+税

在庫  切れ中

  • 1