三谷 博
ミタニ ヒロシ

一九五〇年広島県福山市生まれ。歴史学者。専門は日本近世・近代史。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。学習院女子短期大学助教授、東京大学教養学部教授などを経て、現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。著書に『明治維新とナショナリズム──幕末の外交と政治変動』(山川出版社)、『ペリー来航』(吉川弘文館)、『NHK さかのぼり日本史5──幕末 危機が生んだ挙国一致』(NHK出版)、『明治維新を考える』(岩波現代文庫)、共著に『東アジアの公論形成』『大人のための近現代史──19世紀編』(以上、東京大学出版会)、『歴史教科書問題』(日本図書センター)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

愛国・革命・民主 ─日本史から世界を考える

三谷 博 著 

近代世界に類を見ない大革命、明治維新はどうして可能だったのか。その歴史的経験から、時空を超える普遍的英知を探り、それを補助線に世界の「いま」を理解する。

筑摩選書  四六判   352頁   刊行日 2013/08/08  ISBN 978-4-480-01577-8
JANコード 9784480015778

定価:本体1,800 円+税

在庫  ○

  • 1