王 丹
オウ タン

1969年、北京に生まれる。北京大学に在学中、学園の民主化運動に従事。1989年、学生代表として89民運を主導し、「6・4天安門事件」により懲役4年の刑を受ける。1995年、再逮捕。1998年4月、釈放されアメリカに亡命。三度、ノーベル平和賞候補になる。アメリカの民主基金会人権賞ほかを受賞。ハーバード大学に入学し、歴史系博士の学位を取得。台湾の中央研究院近代史研究所で研究、カリフォルニア大学、オックスフォード大学で客員研究員を勤める。現在、台湾清華大学客員教授。著作に、『王丹回想録』、『理想主義の時代』、『王丹の観点』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

中華人民共和国史十五講

王 丹 著  加藤 敬事 翻訳 

八九年天安門事件の学生リーダー王丹。逮捕・収監後、亡命先で母国の歴史を学び直し、敗者たちの透徹した認識を復元する、鎮魂の共和国六〇年史。

ちくま学芸文庫  文庫判   704頁   刊行日 2014/01/08  ISBN 978-4-480-09596-1
JANコード 9784480095961

定価:本体2,000 円+税

在庫  問合せ

  • 1