濱口 桂一郎
ハマグチ ケイイチロウ

1958年大阪府生まれ。東京大学法学部卒業。労働省、欧州連合日本政府代表部一等書記官、衆議院調査局厚生労働調査室次席調査員、東京大学客員教授、政策研究大学院大学教授を経て、現在、労働政策研究・研修機構の主席統括研究員。著書には『労働法政策』(ミネルヴァ書房)、『新しい労働社会――雇用システムの再構築へ』(岩波新書)、『日本の雇用と労働法』(日経文庫)、『日本の雇用終了――労働局あっせん事例から』(労働政策研究・研修機構)、『団結と参加――労使関係法政策の近現代史』(労働政策研究・研修機構)、『若者と労働――「入社」の仕組みから解きほぐす』(中公新書ラクレ)など多数。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

働き方改革の世界史

濱口 桂一郎 著  海老原 嗣生 著 

団結権や労使協調、経営参加など、労働運動や労使関係の理論はどう生まれたか。欧米や日本の働き方の理想と現実、試行錯誤の歴史。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2020/09/07  ISBN 978-4-480-07331-0
JANコード 9784480073310

定価:本体840 円+税

在庫  ○

日本の雇用と中高年

濱口 桂一郎 著 

激変する雇用環境。労働問題の責任ある唯一の答えは「長く生き、長く働く」しかない。けれど、年齢が足枷になって再就職できない中高年。あるべき制度設計とは。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2014/05/07  ISBN 978-4-480-06773-9
JANコード 9784480067739

定価:本体780 円+税

在庫  ○

  • 1