多田井 喜生
タタイ ヨシオ

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

朝鮮銀行 ─ある円通貨圏の興亡

多田井 喜生 著 

植民地政策のもと設立された朝鮮銀行。その銀行券等の発行により、日本は内地経済破綻を防ぎつつ軍費調達ができた。隠れた実態を描く。解説 板谷敏彦

  文庫判   288頁   刊行日 2020/09/10  ISBN 978-4-480-51003-7
JANコード 9784480510037

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

昭和の迷走 ─「第二満州国」に憑かれて

多田井 喜生 著 

破局への分岐点となった華北進出は、陸軍の暴走と勝田主計の朝鮮銀行を軸にした通貨工作によって可能となった。「長城線を越えた」特異な時代を浮き彫りにする。

筑摩選書  四六判   320頁   刊行日 2014/12/11  ISBN 978-4-480-01611-9
JANコード 9784480016119

定価:本体1,700 円+税

在庫  ○

  • 1