鈴木 宏昭
スズキ ヒロアキ

1958年生まれ。東京大学大学院単位取得退学。博士(教育学)。東京工業大学助手、エジンバラ大学客員研究員を経て、現在、青山学院大学教授。日本認知科学会フェロー。認知科学が研究領域であり、特に思考、学習における創発過程の研究を行っている。著書に『教養としての認知科学』(東京大学出版会)『認知バイアスーー心に潜むふしぎな働き』(講談社ブルーバックス)『類似と思考 改訂版』(ちくま学芸文庫)がある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

私たちはどう学んでいるのか ─創発から見る認知の変化

鈴木 宏昭 著 

知識は身につくものではない!? 実は能力を測ることは困難だ!? 「学び」の本当の過程を明らかにして、教育現場によってつくられた学習のイメージを一新する。

ちくまプリマー新書  新書判   224頁   刊行日 2022/06/07  ISBN 978-4-480-68431-8
JANコード 9784480684318

定価:本体840 円+税

在庫  ○

類似と思考 改訂版

鈴木 宏昭 著 

類似を用いた思考、類推。それは認知活動のすべてを支える。類推を可能にする構造とはどのようなものか。心の働きの面白さへと誘う認知科学の成果。

ちくま学芸文庫  文庫判   304頁   刊行日 2020/03/09  ISBN 978-4-480-09969-3
JANコード 9784480099693

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

  • 1