渡辺 延志
ワタナベ ノブユキ

1955年生まれ。ジャーナリスト。2018年まで朝日新聞社に記者として勤務し、青森市の三内丸山遺跡の出現、中国・西安における遣唐使の墓誌の発見、千葉市の加曽利貝塚の再評価などの報道を手がけた。著書に『歴史認識 日韓の溝』(ちくま新書、2021年)、『虚妄の三国同盟――発掘・日米開戦前夜外交秘史』(岩波書店、2013年)、『軍事機密費――GHQ特命捜査ファイル』(岩波書店、2018年)、『神奈川の記憶』(有隣新書、2018年)など。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

歴史認識 日韓の溝 ─分かり合えないのはなぜか

渡辺 延志 著 

日本人が当事者でありながら忘れ去った朝鮮の民衆の苦難の歴史。その真相を新たな研究成果や資料をもとに探りつつ、日韓歴史認識の溝を埋める可能性を考察する。

ちくま新書  新書判   272頁   刊行日 2021/04/06  ISBN 978-4-480-07390-7
JANコード 9784480073907

定価:本体860 円+税

在庫  ○

  • 1