フランク・H・ナイト
フランク ナイト

大戦間期の理論経済学者。自由主義市場経済体制を擁護し、ケインズ主義的経済介入に異議を唱える「シカゴ学派」の始祖として知られる。M・フリードマンやR・コースらに影響を与えた、20世紀を代表する経済思想家。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

リスク、不確実性、利潤

フランク・H・ナイト 著  桂木 隆夫 翻訳  佐藤 方宣 翻訳  太子堂 正称 翻訳 

20世紀の経済学に大きな影響を与えた理論経済学者・ナイト。資本主義の原理を追究し、企業経営の本質に迫り、営利の源泉を喝破した主著にして名著を新訳で刊行。

単行本  四六判   528頁   刊行日 2021/07/29  ISBN 978-4-480-86733-9
JANコード 9784480867339

定価:本体4,500 円+税

在庫  ○

  • 1