林 恭子
ハヤシ キョウコ

高校2年生で不登校になり、以来30代まで断続的にひきこもって過ごす。2012年から当事者活動を開始。全国で「ひきこもり女子会」を主催する他、メディアや講演を通して、ひきこもりについて当事者の立場から伝えている。現在、一般社団法人ひきこもりUX会議代表理事。他、新ひきこもりについて考える会世話人、東京都ひきこもりに係る支援協議会委員等を歴任。編著に『いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり』 (日本評論社)、共著に『ひきこもり白書2021』(ひきこもりUX会議)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ひきこもりの真実 ─就労より自立より大切なこと

林 恭子 著 

「家族と同居する中年男性」ばかりじゃない! 8050問題の陰に隠れた、女性や性的少数者、貧困の問題に迫る。そして、家族や支援者に伝えたい本音とは――。

  新書判   256頁   刊行日 2021/12/07  ISBN 978-4-480-07446-1
JANコード 9784480074461

定価:本体840 円+税

在庫  ○

  • 1