ジョセフ・ラズ
ジョセフ ラズ

ジョゼフ・ラズ(Joseph Raz):1939-2022年。ヘブライ大学法学修士、オックスフォード大学博士。オックスフォード大学法哲学教授、コロンビア大学ロー・スクール教授などを歴任。邦訳書に『自由と権利』『権利としての法』(ともに、勁草書房)、『法体系の概念[第2版]』(慶應義塾大学出版会)など。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

価値があるとはどのようなことか

ジョセフ・ラズ 著  森村 進 翻訳  奥野 久美恵 翻訳 

価値の普遍性はわれわれの偏好といかに調和されるか――。愛着・価値・尊重をめぐってなされる入念な考察。現代屈指の法哲学者による比類ない講義。

ちくま学芸文庫  文庫判   288頁   刊行日 2022/04/07  ISBN 978-4-480-51114-0
JANコード 9784480511140

定価:本体1,200 円+税

在庫  問合せ

  • 1