価値があるとはどのようなことか

ジョセフ・ラズ 著 , 森村 進 翻訳 , 奥野 久美恵 翻訳

価値の普遍性はわれわれの偏好といかに調和されるか――。愛着・価値・尊重をめぐってなされる入念な考察。現代屈指の法哲学者による比類ない講義。

価値があるとはどのようなことか
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ラ-13-1
  • 刊行日: 2022/04/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-51114-0
  • JANコード:9784480511140
ジョセフ・ラズ
ジョセフ・ラズ

ジョセフ ラズ

ジョゼフ・ラズ(Joseph Raz):1939-2022年。ヘブライ大学法学修士、オックスフォード大学博士。オックスフォード大学法哲学教授、コロンビア大学ロー・スクール教授などを歴任。邦訳書に『自由と権利』『権利としての法』(ともに、勁草書房)、『法体系の概念[第2版]』(慶應義塾大学出版会)など。

森村 進
森村 進

モリムラ ススム

1955年、東京生まれ。東京大学法学部卒業。現在、一橋大学教授、日本法哲学会理事長。法学博士。専門は法哲学。主な著書に『自由はどこまで可能か』(講談社現代新書)、『権利と人格』(創文社)、『財産権の理論』(弘文堂)、『リバタリアンはこう考える』(信山社)など、翻訳にデレク・パーフィット『理由と人格』(勁草書房)など多数。

奥野 久美恵
奥野 久美恵

オクノ クミエ

奥野久美恵:現在、京都大学研究員。専門は法哲学。

この本の内容

価値が歴史や社会に依存するとき、それはいかにして普遍たりうるのか―。この問いの意味と射程をめぐり、本書では入念な議論が展開される。価値の普遍性と個々人における偏好とが調和されること。価値の尊重とは、価値の実現への保障であるのみならず、その価値に関与し、尊重の風土を形づくるものでもあること。そこにこそ未来の希望は宿る。新たなテーゼの提示と溢れる洞察は、集団的アイデンティティや人権に関しても示唆するところが大きい。現代屈指の法哲学者が倫理学の中心テーマに迫った比類ない講義。文庫オリジナル。

この本の目次

第1章 愛着と唯一性(純粋性の消滅―意味の崩壊か、解放か?
飼い馴らすこと―欲望か、共通の過去か ほか)
第2章 普遍性と差異(テーゼ
価値はどのような場合に普遍的なのか? ほか)
第3章 生きていることの価値(問題設定
永続する生の個人的価値 ほか)
第4章 人々を尊重する(カント的由来
それ自体目的であることについて ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可