ドキュメント 去るも地獄 残るも地獄 ─三池炭鉱労働者の二十年

三池の大争議から20年、三井鉱の炭塵爆発から10年。ヤマを去る人残る人、企業の内外に別れた人々の受難の姿を描くルポルタージュ。

ドキュメント 去るも地獄 残るも地獄 ─三池炭鉱労働者の二十年
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体417円+税
  • Cコード:0136
  • 整理番号:か-1-2
  • 刊行日: 1986/09/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-02079-9
  • JANコード:9784480020796

この本の内容

「総資本対総労働の闘い」であった三池の大争議から20年。さらに、死者458名、CO中毒患者839名を出した三川鉱の炭塵大爆発から10年。―ヤマを去った人たち、残った人たち。患者と家族・遺族がたどった永く苦しい受難のドラマ。ルポライターの透徹した眼が捉えた労働者たちの物語。

この本の目次

1 二つの死
2 島の三池魂
3 港の歌声
4 鉄鎖の響き
5 大変災
6 修羅坑
7 記憶の街
8 三池の火柱

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可