いのちの優しさ

愛児の自死に直面した著者が、歎異抄を通して、いのちそのものの持つ力への目覚めを、現代人の心に向けてよびかけるエッセイ集。

いのちの優しさ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 594円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:こ-1-2
  • 刊行日: 1987/02/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-02117-5
  • JANコード:9784480021175

この本の内容

人間は“自分の目で見て自力で生きる”という知恵を身につけたことによって、本当の“いのち”を見失なってしまったのではないか。愛児の自死に直面した著者が、歎異抄を通して、いのちそのものの持つ力への目覚めを呼びかける、若い人たちと親への真摯なメッセージ。

この本の目次

「優しさ」について
いのちへの目覚め
いのちの優しさ
人が生きる
歪んだいのち
いのちの重み

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可