峠をあるく

井出 孫六

歴史の転換期に登場した峠、庶民の哀歓を刻みこんでいる峠――峠道をたどり、その秘められた歴史をさぐる旅の記録。

峠をあるく
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 416円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:い-4-1
  • 刊行日: 1987/03/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-02120-5
  • JANコード:9784480021205

この本の内容

歴史の転換期に重要な役割を果たしてきた峠、近代化のなかで切り捨てられてきた庶民の哀歓を刻みこんでいる峠。峠道をたどり、その秘められた歴史をさぐる、興趣つきない旅の記録である。

この本の目次

十石峠―秩父事件と地図(長野・群馬)
洞ケ峠―戦国と日和見(京都・大阪)
笛吹峠―遠野物語と南部一揆(岩手)
二重峠―幕末と処士横議(熊本)
赤土峠―草莽の士と脱藩(高知)
乙女峠―維新と切支丹殉教(島根)
御殿峠―絹の道と困民党(東京)
狩勝峠―トンネルとバッタ塚(北海道)
大菩薩峠―明治の終焉と裏街道(山梨)
野麦峠―ボッカと製糸女工(岐阜・長野)
人形峠―民話と原子力(岡山)
八達嶺―長城と蒙恬将軍(中国)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可